一級塗装技能士について

エントリーはこちらWEBサイトはこちら

一級塗装技能士について

一級塗装技能士について

2021/10/13

「一級塗装技能士」という資格を耳にしたことはありますか?
実は、塗装に関する技術や知識が豊富な職人さんのみ取得ができる資格なんです。
今回は、一級塗装技能士について詳しく説明していきます。

一級塗装技能士

塗装技能士とは、塗装における国家資格の保有者のことを指します。
資格は3つに分けられており、その中でも最も取得が難しい資格です。
資格取得をするには技能検定を受ける必要があり、実技と学科ともに合格しなければなりません。

一級塗装技能士の受験対象者

一級塗装技能士の受験対象者は、実務経験が7年以上の実務経験が必要です。
また、二級塗装技能士を取得をしている方のみ受験が可能です。
正式名称での問題形式で幅広い知識が必要とされるため、難易度が高い試験と言われています。

資格試験内容

単に塗装といっても、塗料によって技術や知識が異なります。
そのため、試験内容が5つに分けられています。

・木工塗装
・金属塗装
・鋼橋塗装
・建設塗装
・噴霧塗装

普段の塗装業に真面目に取り組むことが大切

一級塗装技能士は長い実務経験が必要で、現場での経験が豊富です。
高い技術だけでなく、塗装に関する幅広い知識も併せ持っていることが求められます。

つまり、資格取得をしている方は「経験も知識も豊富な職人」ということが証明できるんです。
資格取得は難しいと言われていますが、日頃からスキルアップに励むことが一番の近道です。
また資格を取得することで、報酬アップにも繋がる可能性もありますよ。

まとめ

一級塗装技能士は、実務経験が7年以上あり幅広い知識がなければ取得することは難しい資格なんです。
しかし資格取得をすることで、スキルアップや報酬アップにも繋がるという大きなメリットがあります。
弊社では、国家資格取得の支援なども行っております。
一緒に未来を塗り替えてみませんか?

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。